10 
東海障害者歯科臨床研究会
総会および学術大会の報告



                            
       

         ご挨拶

                    第10回東海障害者歯科臨床研究会 
                           大 会 長:服部 清

 去る7月2日に開催された第10回東海障害者歯科臨床研究会におきましては、午前中120名、午後113名にご参加いただき、誠にありがとうございました。
今回は、午前中の認定医研修会と午後の学術大会を一つの流れとして位置付けて、
「大規模災害における障がい者への支援」のテーマに沿ってプログラムを企画しました。午前中は第8回認定研修会として石巻市雄勝歯科診療所 所長の河瀬聡一朗先生に講師をお願いし「大規模災害における歯科医療従事者の心構え」についてご講演いただき、午後は、「我々は誰とつながればいいのか 何をすればいいのか」について指定発言および総合討論という形式をとらせていただきました。

指定発言者には自治体の視点として静岡市行政の医療救護担当者、支援者の視点として静岡県立短期大学部社会福祉学会准教授、家族の視点で静岡市障害者協会会長にご登壇いただき、歯科医療従事者へ期待すること等についてご教示いただきました。日常での診療の時から情報収集や連携構築を行い、その情報を災害時に有効利用できるようにしなければならないことや我々が被災する立場になることを意識して受援体制をどう構築するかが重要ではないかと感じました。最後に退会が無事終了できましたのも、静岡地区幹事や静岡県内の有志の歯科医師、歯科衛生士の方々をはじめ、研究会事務局等にご協力いただいた賜物と存じます。改めてお礼申し上げます。



参加状況

参加人数:AM120名 PM113名
        

【詳細】
  職種別
   AM 歯科医師80 歯科衛生士39 その他1
   PM 歯科医師80 歯科衛生士31 その他2
     


研究会の風景

午前(10時~11時30分) 第8回東海障害者歯科学会認定研修会


演題 「大規模災害における歯科医療従事者の心構え」
講師  河瀬 聡一朗 先生(石巻市雄勝歯科診療所長)





午後(13時~15時)総会および学術大会

シンポジウム
演題 「大規模災害における障がい者への支援」
    我々は誰とつながればいいのか 何をすればいいのか
    
   司会: 服部清先生 コメンテーター:河瀬聡一朗先生
   指定発言者: 杉山智彦 先生(静岡市保健福祉長寿局保健衛生医療部保健医療課)
         江原勝幸 先生(静岡県立大学短期大学部社会福祉学科准教授)
         牧野善浴 先生(静岡市障害者協会会長




午後(15時30分~16時)歯科衛生士の集い


午後(16時~17時30分)懇親会