本文へスキップ

 Tokai Clinical Society of Disability and Health

発足の経緯ESTABLISHMENT

東海障害者歯科臨床研究会設立の経緯

1. 平成20年度日本障害者歯科学会活動方針として、地方会設立を目指す。
2. 日本障害者歯科学会地域医療委員会(地方会制度検討委員会を併設)を業務として立ち上げ、各地域医療委員会員を任命(東海地区 :朝日大玄景華担当)
3. 平成20・21年度に順次、地域医療委員会および理事会にて審議検討した。
4. 日本障害者歯科学会での地方会設立に関して、地域活性化事業として取り扱い、助成事業として「地域障害者歯科関連団体(以下 、 関連団体という)」を規定した上で関連団体にその運営に関わる経費を助成することになった。
5. 現在までの関連団体の活動状況は、九州ブロックで本年6月21日に障害者歯科アクティブネットワーク九州(鹿児島、120名参加、  12演題、緒方先生)関西ブロックで6月28日に関西障害者歯科臨床研究会(大阪、303名参加、シンポジウム、西田先生)、東海ブ ロックは本日開催北海道ブロックは本年11月14日に第1回研究会を開催予定その他のブロック(東北、関東、北陸、中国)は年内に 代表者協議会を開催予定。
6. 東海ブロックでは地方会設立準備委員会を設置。委員構成は下記の通り。
 地方会設立準備委員会委員:12名
    井川利幸(静岡県歯科医師会)、伊藤正樹(愛知学院大学)
    玄 景華(朝日大)、小島真一(名古屋市歯科医師会)、
    柴田享子(愛知県歯科衛生士会)、鈴木克美(静岡県浜松市)
    武山 一(三重県歯科医師会)、服部 清(静岡市障歯保健セ)
    羽田 篤(三重県四日市市)、本多豊彦(愛知県歯科医師会)
    水野明広(岐阜県歯科医師会)、溝口理知子(愛知県歯科衛
    生士会)
 オブザーバー:2名
    石黒光(愛知県心身障害者コロニー)
    福田理(愛知学院大学)

 事務幹事:安田順一(朝日大)
     第1回(平成20年11月9日)
     第2回(平成21年2月15日)
     第3回(同年4月19日)の委員会を開催
      研究会の組織形態や運営に関する検討
      研究会設立時の役員等の選任方法
      研究会会則案の検討

東海障害者歯科臨床研究会

〒501-0926
岐阜県瑞穂市穂積1851

FAX:058-329-1464